実際に手にとって見てわかる美しい板金加工

What is 板金?What is 板金?

板金とは薄く平らに形成した金属や加工作業のことです。アルミ、ステンレス、鉄などの様々な規格の板を用いて機械で切って、曲げて、溶接して工業製品に加工します。

そんな板金加工を約半世紀続けてきた精密板金加工会社ヤマダが東京・赤坂に金属ギャラリー”i MUSEUM”をオープンしました。そのきっかけは「板金って何?」の一言から。あまり知られてない板金の魅力を伝え、板金の新たな可能性を広げるために”i MUSEUM”は生まれました。

i MUSEUMはinspiration、 idea、image、 interestの頭文字 i から取られ、MUSEUMはひとつの大きな空間として”ひらめきが生まれる場所”になるよう名付けられています。

ギャラリー内の内装はヤマダの板金加工が用いれらていて、金属と木材が融合する心地よい空間となっています。是非、お気軽に足を運んでください。

板金とは薄く平らに形成した金属や加工作業のことです。アルミ、ステンレス、鉄などの様々な規格の板を用いて機械で切って、曲げて、溶接して工業製品に加工します。

そんな板金加工を約半世紀続けてきた精密板金加工会社ヤマダが東京・赤坂に金属ギャラリー”i MUSEUM”をオープンしました。そのきっかけは「板金って何?」の一言から。あまり知られてない板金の魅力を伝え、板金の新たな可能性を広げるために”i MUSEUM”は生まれました。

i MUSEUMはinspiration、 idea、image、 interestの頭文字 i から取られ、MUSEUMはひとつの大きな空間として”ひらめきが生まれる場所”になるよう名付けられています。

ギャラリー内の内装はヤマダの板金加工が用いれらていて、金属と木材が融合する心地よい空間となっています。是非お気軽に足を運んでください。

サスティナブルへの第一歩としてサスティナブルへの第一歩として

50年の歴史を持つ精密板金加工会社ヤマダは日々、お客様との対話を大切にしながら金属を用いたものづくりに励んでまいりました。そして今、新しい社会的ニーズとしてSDGsの「つくる責任・つかう責任」が掲げられ、その課題に対して私たちにできることは何かと考えました。

そこでi MUSEUMではサスティナビリティへの第一歩として端材のアップサイクルプロジェクトを開始しました。端材とは金属加工の際に出てしまう”切れ端”のことで、その端材そのものを用いて新しい価値を与えていくプロセスであるアップサイクルを行なっていきます。

栃木にあるヤマダの工場からは毎日、鉄、銅、ステンレスやアルミなどたくさん端材が出てきます。現在はその全てをリサイクル業者に委託していますが、その過程で沢山のエネルギーを消費してしまいます。そこで単に端材を原料化するのではなく、弊社オリジナル商品としてDIYやアートワークをする方々向けて販売し、アップサイクルに繋げていきたいと考えています。

端材が新たな形に生まれ変わって皆さまの暮らしに役立つことができたら本望です。

50年の歴史を持つ精密板金加工会社ヤマダは日々、お客様との対話を大切にしながら金属を用いたものづくりに励んでまいりました。そして今、新しい社会的ニーズとしてSDGsの「つくる責任・つかう責任」が掲げられ、その課題に対して私たちにできることは何かと考えました。

そこでi MUSEUMではサスティナビリティへの第一歩として端材のアップサイクルプロジェクトを開始しました。端材とは金属加工の際に出てしまう”切れ端”のことで、その端材そのものを用いて新しい価値を与えていくプロセスであるアップサイクルを行なっていきます。

栃木にあるヤマダの工場からは毎日、鉄、銅、ステンレスやアルミなどたくさん端材が出てきます。現在はその全てをリサイクル業者に委託していますが、その過程で沢山のエネルギーを消費してしまいます。そこで単に端材を原料化するのではなく、弊社オリジナル商品としてDIYやアートワークをする方々向けて販売し、アップサイクルに繋げていきたいと考えています。

端材が新たな形に生まれ変わって皆さまの暮らしに役立つことができたら本望です。

「はざいいちば」はこちらから

PAGE TOP